しろう

年末年始🌄に行ってみたいお蕎麦屋さん【原宿・神宮前・表参道】

いよいよ2017年もあと僅か。
年越し蕎麦や初詣が話題となる時期になってまいりました。
そこで、初詣ランキング1位にも輝く明治神宮周辺の“お蕎麦屋さん”をご紹介します。

江戸時代には定着していたといわれている“年越し蕎麦”。
蕎麦が他の麺類よりも切れやすいため「今年一年の災厄を断ち切る」という意味から、大晦日の晩(年越し前)に食べるようになったとか(地域差はあるようですが…)。
最近では、栄養が豊富で健康に良い成分がたくさん含まれていることが報告され、縁起だけではなく、健康長寿にも役立つ優れた食材としても注目されている蕎麦。おせちを食べ過ぎて体調を整えたい方にもお薦めです。

ぜひ、縁起担ぎだけではなく、新しい年を健康に過ごすためにも、美味しいお蕎麦屋さんに足を運んでみてはいかがでしょう!

 

御料理武蔵野

御料理武蔵野
御料理武蔵野

名物・蕎麦以外にも、こだわりがたっぷりと詰まった懐石料理が食べられるお店“御料理武蔵野”。
落ち着いた空間の中、お味はもちろんのことですが、細やかな接客で大変心地良くお食事がいただけると評判です。
こちらのお店、お正月も営業しているとあって、早くからご予約をされているお客様も多いとか。
御料理も堪能できる蕎麦屋さん“御料理武蔵野”で、ご家族や大切な人との団欒を楽しまれてはいかがでしょう。

【年末年始の営業予定】
2017年12月31日~2018年1月6日 ※12月28日~30日、1月7日~8日は休業予定

 

鎌倉 松原庵 欅

鎌倉 松原庵 欅
鎌倉 松原庵 欅

一年を通じて、表参道の移り行く四季を感じながらお食事がいただける“鎌倉 松原庵 欅”。

こちらのお店では厳選したそば粉を使い、店内でその日に手打した風味豊かな蕎麦をお出ししていて、細めに切られた二八蕎麦は辛目の汁でいただく江戸前風。
地物の魚や地野菜をはじめ、素材にこだわった一品料理や季節限定メニューも地酒や全国の美酒、ワインと共に味わうことができます。
ぜひ、年末年始はゆったりと美食の時間をお楽しみください。

【年末年始の営業予定】
2017年12月31日まで、2018年1月2日~ ※ 1月1日は休業予定

 

手打ちそば 野むら

手打ちそば 野むら
手打ちそば 野むら

竹下通りから一筋入った所にあるのは、大人が落ち着ける隠れ家的なお蕎麦屋さん“手打ちそば 野むら”。

週替わりで提供されるのは、全国各地の品種・挽き方の異なる三種の蕎麦。それを特製の辛汁でいただけば、最高の味・香り・喉ごしが堪能でき、お店の蕎麦への深いこだわりと愛情を感じることができます。
その3つの蕎麦が一皿で味わうことができる“三種盛りせいろ”は人気メニュー!

ところで、<一座建立>という言葉をご存じだろうか。これは、「お客さまを招く時にはできる限りのことをしてあげようと工夫する」という意味で、野むらが常日頃から大切にしている言葉。
この気持ちを2017年の締め括りに。または、新しい年の幕開けに、美味しい蕎麦とともに味わうのも素敵かもしれませんね。

【年末年始の営業予定】
2017年12月31日まで(12月:土曜日休み)、2018年1月5日~ ※1月1日~4日は休業予定

 

手打蕎麦 松永

手打蕎麦 松永
手打蕎麦 松永

細くて綺麗、香り・歯応え・喉ごしともに完成度の高い蕎麦がいただける“手打蕎麦  松永”。
こちらでは、長野から取り寄せたそば粉と小麦粉を2:8の割合で使用した、こだわりの手打蕎麦を提供。甘すぎず、濃すぎない上品な汁が蕎麦の香りをさらに引き立て、味わい深いものにしてくれています。
お味が良いのはもちろんですが、蕎麦一枚のボリューム&お手頃価格が評判の“松永”。早々と蕎麦が終了してしまい、お昼は早い時間に閉店してしまうことも多いようです。
年末に行ってみようかなと思っている方は早目の来店を!

【年末年始の営業予定】
2017年12月31日まで ※年始営業日未定

 

しろう

しろう
しろう

蕎麦打ち名人・永山寛康さん監修の本格手打ちが味わえるお店“しろう”。
喉ごし良し、歯切れ良しの江戸蕎麦が堪能できるのはもちろんのこと、品書きに並ぶ肴類も非常に魅力的で、江戸前蕎麦屋ならではのスタイルがしっかりと継承されています。
古民家風の一軒家で重厚感あふれる格子戸という店構えの店内には、静かにモダンジャズが流れ、街の喧騒を忘れさせてくれる、くつろぎの空間が広がっています。
何かと忙しいこの時期ではありますが、美味しい蕎麦を味わいながら少し贅沢な時間を持ってみてはいかがでしょう。

【年末年始の営業予定】
2017年12月27日まで。2018年1月5日~ ※12月28日~1月4日は休業予定