チョコレート専門店

【専門店】チョコレート 【青山】

甘くておいしいチョコレート!
女性やお子さんはもちろんですが、今や健康のためにと召し上がる方も増えています。
メキシコで生まれたチョコレート。
カカオが非常に貴重だったマヤ文明やアステカ文明の頃は、貨幣や神様への捧げもの、上級階級の結婚式での飲み物、そして皇帝の不老長寿の薬だったこともあったとか。
そんな、世界中の人々を笑顔にする魅力を持っているチョコレートの専門店【青山】をご紹介いたします。
贈り物としてだけでなく、自分へのご褒美としてもお薦めです!
東京都港区北青山三丁目5-22
「リンツ ショコラ カフェ(Lindt Chocolat Cafe Omotesando)」ではチョコレートファンをとりこにしている本場スイスの職人の技と洗練されたヨーロピアンスタイル。
トリュフはもちろん、さまざまなリンツ・チョコレートをふんだんに使ったケーキやデリース(マカロン)、カカオの香り豊かなチョコレートドリンクなど、ショコラ カフェだけでしか味わえないスイーツが勢ぞろいです。
リンツショコラカフェ(Lindt Chocolat Cafe Omotesando)表参道店 出典:Lindt https://www.lindt.jp/
出典:Lindt https://www.lindt.jp/
メートルショコラティエたちの磨き抜かれた技が凝縮されたリンツのトリュフ。
アルコール入りの大人の方向けチョコレートもあり、自分へのご褒美チョコとしてもお薦めです!
東京都港区北青山三丁目10-8
1977年10月26日にロベール・ランクスがチョコレート専門店の「ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT)」を創業しました。
フランスの高級チョコレートとして、日本でも有名なお店です。
ロベール・ランクスはチョコレート作りを修行し、その後パリのレストランで腕を磨きました。
「ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT) 」は、“チョコレートの本来の気品を余すことなく伝える”という彼の信念のもとに誕生しました。
チョコレート味を主としたマカロン、エクレア、タルトケーキ、アイスクリーム等の可愛くて美味しい洋菓子が販売されています。
ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT) 表参道店 出典:LA MAISON DU CHOCOLAT https://www.lamaisonduchocolat.co.jp/ja_jp/
出典:LA MAISON DU CHOCOLAT https://www.lamaisonduchocolat.co.jp/ja_jp/
まるで宝石箱のような箱に、代表的なボンボン・ドゥ・ショコラが詰められています。
ギフトとしても人気です!
東京都港区南青山六丁目3-10
神戸で有名なチョコレート専門店「モンロワール(Mon Loire)」
ベルギー産の本格素材を使用し、チョコレートを技術、設備、知識などのあらゆる面でこだわっています。

「本当に美味しいものだけをお届けしたい」をモットーに、お客様一人一人にあった手作りチョコレートを心を込めてお渡し続けています。

モンロワール(Mon Loire)青山店 出典:Mon Loire https://www.monloire.co.jp/img/item/590_0.jpg?1936)
出典:Mon Loire https://www.monloire.co.jp/img/item/590_0.jpg?1936)
新鮮で濃厚な生クリーム、キュールとチョコレートなど、すべての素材を厳選して作られた、モンロワールのオリジナル生チョコレートです。
東京都港区南青山五丁目12-3
フランスのショコラティエ「ジャン-シャルル・ロシュー(JEAN-CHARLES ROCHOUX)」の日本大一号店です。

カカオ豆はベネズエラ産の上質な素材を使用し、薫り漂うアーモンドやピエモンテヘーゼルナッツなどの各地で厳選された良質な素材を仕入れています。
チョコレートに情熱と伝統、美意識を込めた嗜好品となっております。まるで、芸術品かのようなチョコレートは、食べた人々を魅了すること間違いないでしょう。

ジャン・シャルル・ロシュー(JEAN-CHARLES ROCHOUX) 出典:JEAN-CHARLES ROCHOUX http://www.jcrochoux.jp/img/jcr_product_01.png
出典:JEAN-CHARLES ROCHOUX http://www.jcrochoux.jp/img/jcr_product_01.png
フルーツはその時に最高の状態にあるものを使用しているため、内容も時期も完全に不定期だそうです。
ロシュー氏のインスピレーションによって誕生するオリジナル商品に、今後も目が離せませんね。

東京都港区南青山五丁目5-20
「Summerbird Organic (サマーバード オーガニック)」は、1986年にデンマークでミカエル・グロンルッケにより創設されました。
素材を追求し、上品なチョコレートを作り続けている「Summerbird Organic (サマーバード オーガニック)」は、デンマーク政府から製品が100パーセントオーガニックであるという認定を受けています。

普段では味わえない100%オーガニックの原材料を使用したスイーツが楽しめます。中でも、チョコレートは香りよく、口に入れると甘さが広がります。ドリンクと一緒にチョコレートを食べてみてはいかがでしょうか。

Summerbird Organic (サマーバード オーガニック)  出典:Summerbird Organic http://summerbird.jp
出典:Summerbird Organic http://summerbird.jp
チョコレートのベースに使われているマジパンには砂糖をほとんど使用せず、地中海の上質なアーモンドを細かく砕いて作られているので、素材そのものの味がお楽しみいただける逸品です。
東京都港区南青山五丁目10-19
表参道にあるフランス菓子のお店です。

「シャルマン・グルマン(CHARMANT GOURMAND)」はフランス語で「素敵な食いしん坊」という意味で、これが名前の由来になっています。

「シャルマン・グルマン(CHARMANT GOURMAND)」は、ヨーロッパの伝統的なお菓子を扱う老舗ブランドなどの商品をセレクトブティックとして、販売しています。伝統的なヨーロッパのお菓子を楽しむことはもちろん、併設のカフェで、ゆっくりとお菓子やコーヒーをいただくことができます、

シャルマン・グルマン(CHARMANT GOURMAND) 出典:シャルマン・グルマン https://www.c-gourmand.jp/ 
出典:シャルマン・グルマン https://www.c-gourmand.jp/ 
フランスのチョコレートファンを魅了している“キャラモンド”。
ビビットなオレンジに三角形の形が素敵です。
東京都港区南青山六丁目2-9
カカオ豆からショコラまで(Bean to Bar)の製造工程全てを管理し、クオリティーの高いチョコレートを作るパトリス・シャポンのお店“CHAPON”。
パリでも、パリっ子のハート掴み、大人が喜ぶチョコレート専門店として有名です。
青山店は、パリ6区サン・シュルピスの店舗と同じ雰囲気を感じていただけるようにと、パリと同じ真っ白タイル、タブレットを陳列する棚など、レトロさと可愛らしさを共存させた空間となっています。
カフェでは、自慢のショコラを楽しんでいただけるのはもちろんですが、フランス伝統料理「キッシュ」のランチプレートなどもいただけます。
現在も工房に立ち、商品を生み出し続けているパトリス・シャポン。
華麗で美味なショコラを楽しむことができるお店です。
CHAPON(シャポン) 青山店  出典:CHAPON http://chocolat-chapon-jp.packarts.net
出典:CHAPON http://chocolat-chapon-jp.packarts.net
CHAPON代表作のアンティークジュエリー”瑪瑙(めのう)”をイメージした「コフレアガーツ12」。
鮮やかな模様はシャポンが独自に開発した特殊製法でプリントされているため、このままいただくことができます。
子どもから大人まで楽しめる深い味わいで、人気です。