日本の伝統的な菓子、和菓子。 「和菓子=お砂糖たっぷり」という、イメージを持っている方も多いと思いますが、使用されている材料はヘルシーな物ばかり。特に小豆は、栄養バランスに優れた最高の食材なんだそうです。 また、デザイン性に優れた目にも鮮やかな和菓子は、小さなお皿の中に季節や自然の優しさを感じることのできる、リラックスタイムにはもってこいの逸品! そこで今回は、原宿・表参道・青山界隈で人気の和菓子屋さんをご紹介いたします。 ぜひ、日本の優しい味に触れ、ゆっくりと味わって至福の時をお過ごしください。
和菓子

目次

  • 寿 原宿店 原宿どらやき
  • 六人衆 北青山 どら焼き
  • 瑞穂 (みずほ) 豆大福
  • 青山但馬屋 豆がしセット
  • 寛永堂 青山店 寛永傅
  • 桃林堂
  • 菓匠 菊家
  • HIGASHIYA man ひと口果子
  • トラヤカフェ 青山店 (TORAYA CAFE) あずきとカカオのフォダン
  • 紅谷
  • 南青山 まめ
東京都渋谷区神宮前六丁目35-3
原宿駅近くにある和菓子屋「寿」
上品な和菓子と抹茶や煎茶が堪能できます。中でも、どら焼きは美味しい評判で、ふっくらした生地とちょうど良い甘さの餡子は絶品です。
寿 原宿店 原宿どらやき
しっとり&ふっくら生地と国産小豆の組み合わせが絶妙な、原宿(HARAJUKU)焼き印入りのどら焼き。
米粉を使用したモチモチ食感のかすてら(焼き印入り)。
どちらも甘すぎないお味が好評で、手土産としても大人気!
東京都港区北青山二丁目7-18
外苑前にある和菓子屋「六人衆」
東京・千住の老舗和菓子店・喜田家がプロデュースした新ブランドです。

店内に並ぶお菓子は、喜田屋の菓子職人の中でも特に技術の優れた六人によって作り上げられたもの。
きちんと美味しい、見た目にも美しい菓子はどれも絶品と評判です。

六人衆 北青山 どら焼き
黒糖を使用した風味豊かなどら焼きは人気!
ぜひ、ご自宅用&手土産にいかがでしょう。
東京都渋谷区神宮前六丁目8-7
東京三大豆大福の一つである「瑞穂」は名前の知れた名店です。
「豆大福」を始め、「最中」など上品な味の和菓子が揃っています。豆大福の餅は厚くもっちりとし、ずっしりとした餡子と相性抜群です。
瑞穂 (みずほ) 豆大福
やや大きめの大福は、柔らかく弾力のある餅と上品な甘さの餡が絶妙!
さすが原宿名物といわれているだけあって、午前中に売り切れてしまうこともしばしばだとか。
東京都港区北青山二丁目7-11
明治時代から続く、豆菓子の老舗です。大人気のピーナッツペーストは、パンはもちろん、料理などにも使えます。お取り寄せ人気の高い商品です。健康にやさしい豆菓子も種類豊富に用意。手土産やギフトとしても人気。
青山但馬屋 豆がしセット
扱う豆の種類は落花生・アーモンド・大豆・そら豆・えんどう豆等など種類も豊富。
「風味が落ちる前に食べきって欲しい」という、切なる願いから、小袋で販売するようになったんだとか。
美味しいものを一番美味しく食べてもらいたいという、お店の気持ちが伝わってきます。
東京都港区北青山一丁目3-2
京都の老舗和菓子店“寛永堂 青山店”。

上質の素材と熟練の技から生まれるシンプルなお菓子は、本物の美味しさが凝縮されていて、心まで満たしてくれる逸品です。

季節に合ったお菓子が揃っているので、その時期に合ったお菓子が楽しめるのも嬉しいですね。
年中無休なため、甘いものがいただきたいなという時にぜひ!

東京都港区北青山三丁目6-12
表参道駅からすぐにあるお菓子の名店「桃林堂」
水羊羹を始め、たい焼き、カステラなど馴染み深い和菓子が揃っています。中でも、水羊羹はみずみずしく、口の中に入れた瞬間、しっかりとした味が広がります。
東京都港区南青山五丁目13-2
東京都港区南青山三丁目17-14
和を大切にした銀座のティーサロン・HIGASHIYA(ひがしや)が運営するお饅頭専門店‘HIGASHIYA man’。

団子、羊羹、カステラ、豆菓子など品揃えも豊富で、店頭では蒸したての饅頭(黒糖、甘酒、ソーダ)も販売。
上品で季節感を大切にしたお洒落な和菓子が揃う‘HIGASHIYA man’。
パッケージも素敵なので、贈り物にもどうぞ!

HIGASHIYA man ひと口果子
重曹(ソーダ)で作られるソーダ饅頭は、食べ応えのあるサイズと冷めてもフカフカした食感が楽しめる人気商品です。
東京都港区南青山一丁目1-1
スタイリッシュで落ち着いた空間の広がる店内では、ドリンクを始め、フード、焼き菓子などのデザートが味わえます。
「TORAYA CAFE」ならではのお菓子も多く、新しい味を堪能できます。
東京都港区南青山三丁目12-12
厳選した素材で作る伝統の味‘紅谷’。

季節ごとに良い素材を見分け、それぞれの素材の持つ最高の状態を研究し、納得のいくもののみを全て手作りで作り、仕上げて皆様にお届けしている紅谷。
そのため、一度にたくさんの数は作れませんが、他では味わうことのできない、新鮮で懐かしい風味を堪能することがきます。

大正十二年・創業当時から守り続けてきた味をぜひ!

東京都港区南青山三丁目3-18
手漉しの餡が光る和菓子店“南青山 まめ”。

創業以来一貫して変わらないこだわりは、丁寧に炊き上げた北海道十勝産小豆を手でこす、一切機械を使用しない餡作り。
早く売り切れてしまうこともしばしば。
早い時間帯の来店がお薦めです!

案内図