アンティーク&ヴィンテージ家具が揃う、表参道・外苑前のインテリアショップをまとめました。 現代では手に入れることが出来ないデザイン、高品質、一点もののアンティーク家具。 アンティーク家具より少し遅い1950~70年代に造られ、古いアイアンや古材などのユーズド感があるヴィンテージ家具。 どちらも、“インテリア上級者”という感じの響きで憧れますね。 SNSなどで見る憧れのおしゃれな部屋を目指したい方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。
アンティーク&ヴィンテー
東京都港区南青山六丁目13-25
「古さと新しさ、エレガンスとかわいらしさの混在」をコンセプトに、フレンチスタイルをベースにしたインテリアを提案している“Sarah Grace ”。
ヨーロッパブランドをはじめ、オリジナル商品も含め家具や食器、インテリア雑貨を幅広くご紹介しています。
白やグレー、木目などの柔らかい色味を基調とし、いるだけでほっとする、優しいインテリアをめざしています。
東京都渋谷区渋谷二丁目3-11
kinoでは「ちょっと小さめの機能的でかわいらしいサイズ」をコンセプトにしたオリジナル家具を製作しています。
職人の手で、細部にまでこだわって1点、1点製作してたオリジナル以外にも、小さめサイズを意識して集めた家具やアンティーク、照明なども豊富に取り揃えています。
様々な角度から心地良い空間とは何かについて日々考え、日々の暮らしの中でこそ「好き」を大切にしてほしいと願っています。
店頭やオンラインショップ以外にも色々な取り扱い商品がございますので、お気軽にご相談下さい。
東京都渋谷区神宮前三丁目1-30
ヨーロッパには、親から子へと代々受け継がれた古い家具を、とても大切にする習慣があります。壊れたら丁寧に修理し、キズの一つ一つも思い出として残す。このように大切に扱われた家具は、その家の伝統と格式を過去から現在、そして未来へと伝えていきます。
こうした精神があるからこそ、良質なアンティーク家具が、時を経てもも色褪せることなく現役として活躍しているのです。
ロイズ・アンティークスはアンティーク家具というヨーロッパ文化をお届けするとともに、こうした精神を”Save the Antiques”の名のもとに皆様に伝えています。
東京都渋谷区神宮前五丁目2-11
インポート雑貨、家具、花、アートを取り扱うショップ“H.P.DECO”。
インポート雑貨は主にヨーロッパを中心とした新しいクリエーションを展開していますが、家具は主にユーズドの家具を展開するなど、特定の年代、デザインにとらわれず、個性的なものを取り扱っています。
「新しい感じ方、考え方」を商品コンセプトに、アンティークから現代のものをセレクトし、「家で過ごす」というもう1つの時間のためのインテリアを提案しています。
東京都港区南青山六丁目11-1
出典:https://www.toyokitchen.co.jp/ja/showroom/moooi-tokyo/
出典:https://www.toyokitchen.co.jp/ja/showroom/moooi-tokyo/
今もっとも注目されているオランダのインテリアブランド「モーイ」の東京フラッグシップショップです。
世界中に絶大なファンをもつモーイの日本初のオンリーショップ。
2フロア構成で、目を奪われるようなアイコニックな照明から、マルセル・ワンダースがデザインするユニークなソファや椅子、さらにはアートのような印象的なカーペットで、独特の世界観をもったインテリアが体感できます。

案内図