原宿・表参道で人気のサングラスが買えるお店をまとめました。サングラスは、日差しや強い照明から眼を保護し眩しさや紫外線などを低減してくれるため、海や川、山などのアウトドア、直射日光を長時間浴びる場所へ行くときは必ず持ち歩いておきたいアイテムです。またサングラスは目を保護するだけでなく、普段のコーディネートのちょっとしたアクセントにもなる万能アイテムです。ファッション向けのサングラスは、デザインが豊富で、その日のコーディネートやイメージによって使い分けられるのが特徴です。カラー付きレンズやミラーレンズ、フレームの形も定番のウェリントンや、かっこいいティアドロップなどデザイン性に富んだ商品が多く揃っています。スポーツ・アウトドア向けのサングラスは、紫外線を防ぐUVカット効果に優れているのが特徴です。顔にぴったりフィットするものが多く、ランニングやアウトドアの際に砂埃から目を守れるのもメリットです。屋内と室内を問わずに使いたい場合は、紫外線の量によって濃度が変わる「調光レンズ」、ゴルフなどのアウトドアスポーツには光の反射を抑え視界をクリアにする「偏光レンズ」が適しています。
アウトドア、ファッション、運転用、スポーツにと様々な場面で活躍するサングラス、是非自分のお気に入りを見つけてみてくださいね。

サングラス
東京都渋谷区神宮前四丁目26-35 ファームビル 2
アイウェアの歴史とトレンドを生み出してきた眼鏡専門店“Opticien Loyd”は、1985年に東京・原宿にオープンしたメガネのセレクトショップの草分け的存在のお店です。
長年、眼鏡産地で有名な福井県鯖江市のメーカーと協力し、最上質のデザインと最高の掛け心地を極めた、シンプルで長く愛される上質なアイウェアを生み出してきました。
国内外の高感度なブランド発掘、オリジナル商品で提供する旬なスタイルから、常に新鮮で刺激を感じることができるお店として、今やファッション好きからもマストチェックといわれる存在となっています。
「La vue a la mode」(モードをつくろう)をコンセプトに掲げ、日々、アイウェアの歴史とトレンドを生み出し続けています。
Opticien Loyd(オプティシァン ロイド) 出典:https://www.opticienloyd.com/single-post/2020/06/12/news
出典:https://www.opticienloyd.com/single-post/2020/06/12/news
ISSEY MIYAKE EYESのニューモデルサングラスなど、オシャレなサングラスが多く取り揃えられています。
東京都渋谷区神宮前五丁目17-4 神宮前トーラス
世界中のアスリートから絶大な信頼を誇る、アメリカのスポーツサングラスのトップ・ブランド“オークリー(OAKLEY)”。
元々はモトクロス・BMXのハンドグリップメーカーでしたが、ゴーグル開発を経て、優れた機能性を備えたサングラスでアイウェア業界に参入。その後、アパレル、フットウェア、リストウォッチと広がりを見せ、機能とデザインを融合させたプロダクツは、米軍特殊部隊でも採用されるまでに。
今やプロ&アマのアスリートに限らず、一般のファンも多く、デザインのみならず素材、耐久性、目を保護する性能は折り紙つきです。
オークリーストア原宿店(OAKLEY STORE HARAJUKU) 出典:https://www.oakley.com/ja-jp/product/W0OO9384?variant=888392294869
出典:https://www.oakley.com/ja-jp/product/W0OO9384?variant=888392294869
Holbrook(ホルブルック)のレンズシェイプを継投する最新エディション。ベストセラ―のデザインを、サテンレススチールテンプルやアンオブタニウムの確実なグリップ性、オーマタ素材のセンターで新たに仕上げています。
東京都港区南青山二丁目27-20 植村ビル 1F
国内外の新進デザイナー、クリエイターたちを集め、彼等によるプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図り、新鋭による可能性と広がる新しい体験を提案しています。
blinc (ブリンク) 出典:https://blincwebshop.com/?pid=144424415
出典:https://blincwebshop.com/?pid=144424415
やや大きめなセルフレームのBLANCサングラス。眉に沿った緩やかなカーブがエレガントです。サイズ的にしっかり日差しを防いでくれるのも女性としてはうれしいところ。片方のテンプルエンドはブランドの特色として別の色に。主張しすぎないけど、個性的。ファッショナブルなサングラスです。
東京都港区北青山三丁目5-16 青山第一社ビル 1F
blinc vaseは『CHANGE THE WORLD』をコンセプトに、アイウェアデザインと関わりながら、セレクトメガネを販売しています。
blinc vase(ブリンクベース) 出典:https://blincwebshop.com/?pid=162995913
出典:https://blincwebshop.com/?pid=162995913
重厚感を保ちながら軽やかな流れを感じられる一本。BoudicaはパントシェイプをベースにフレームのアウトラインでCUBITTSらしい遊び心のあるデザインとなっております。モデル名の「Boudica」は紀元60年にローマ帝国の征服軍に対して反乱を起こしたイギリスの部族の戦士の女王にちなんで名付けられました。 フレーム上部から下部に向かって流れるテーパードしたラインによって、目尻付近にアクセントとなるフォックスシェイプのような印象もあります。
東京都港区南青山五丁目8-8 金子ビル
1995年、ロサンゼルス・ハリウッドにて誕生したブランド“DITA”。
「型にはまるな」というコンセプトのもと、ハンドメイドにこだわり、日本の熟達した職人技術が生かされた高品質なメガネを作り続けています。
写真や映画、芸術などに精通した2人のデザイナーによって生み出される斬新なデザインは、比類ない存在感を放ち、メンズからレディースまで誰もが納得する製品として高い支持を得ています。
ディータ アオヤマ フラグシップ ストア(DITA AOYAMA FLAGSHIP STORE) 出典:https://dita.com/collections/best-selling-sunglasses/products/flight-seven?variant=40667371929763
出典:https://dita.com/collections/best-selling-sunglasses/products/flight-seven?variant=40667371929763
DITAの有名なフライトシリーズは、クラシックなアビエイターの精神と伝統的なスクエアレンズの男性的な形状を融合させた自信に満ちた「ナビゲーター」であるFlight-Sevenで新たな高みへ。
東京都港区北青山三丁目11-7 Aoビル
オリバーピープルズ東京ギャラリーは、ロサンゼルス発の人気アイウェアブランド Oliver Peoplesの直営店です。
オリジナル商品をフルラインで揃えているのはもちろん、他のブランドとのコラボモデルも取り扱っていて、オリバーピープルズをとことん体感できるお店です。
オリバーピープルズ 東京ギャラリー (OLIVER PEOPLES) 出典:https://www.oliverpeoples.com/japan/0OV5183S--170153
出典:https://www.oliverpeoples.com/japan/0OV5183S–170153
ロセンジェルス・ドジャースの元オーナー、ピーター・オマリーにちなんで名付けられた、線の細いボストンタイプ。ブランド初期から繰り返し復刻され、高い人気を保っている、最も有名なOliver Peoplesのデザインの1つです。ややコンパクトなサイズ感となっており、色んなスタイルに合わせ易いボストン型のスタンダード。レンズは見えやすく目に優しい偏光レンズとなります。
東京都港区南青山五丁目11-5 住友南青山ビル
オプティカルテーラー クレイドルは、1995年に開業したメガネ店。「仕立てる眼鏡屋」をコンセプトに、世界中から選りすぐったメガネ・サングラスを豊富に展開して人気を集めています。メガネ・サングラスをファッションとして提案するアイウェアセレクトショップ。
OPTICAL TAILOR CRADLE (オプティカルテーラー クレイドル) 青山店 出典:http://effector-eyewear.com/eyewear/original/octaver.html
出典:http://effector-eyewear.com/eyewear/original/octaver.html
70年代を意識したカッティングで、存在感とインパクトを備えたサングラス。ロックスターのイメージ。
東京都港区南青山五丁目4-27 Barbizon104(バルビゾン104)
フォーナインズの考える理想の眼鏡店を形にした直営店。掛け心地の良さと機能美に満ちたフォーナインズの眼鏡フレームをフルバリエーション取り揃え、それぞれのスタイルに合わせた眼鏡選びが楽しめます。サングラスライン「フォーナインズ・フィールサン」も加わり、さらに選ぶ楽しみが広がっています。999.9(フォーナインズ)の全ラインナップが揃うだけでなく、対面式のフィッティングスペースや約3000枚のオリジナルテストレンズまでも備えています。
999.9(フォーナインズ) 青山店 出典:https://member.fournines.co.jp/web/ja/items/0200300159/0200300159
出典:https://member.fournines.co.jp/web/ja/items/0200300159/0200300159
定番のウェリントン型。適度なボリュームがあり、太くて重い作りではないので掛け慣れていない方も合わせやすく、鼻パットも動かせる仕様になっているので掛け心地バツグン。年齢や性別にとらわれない、ライフスタイルやファッションに最適な人気商品。人気ゆえに在庫がない場合もあります。
東京都渋谷区神宮前六丁目8-5 AIビル F1
メガネのファッション性と機能面どちらも追求した比類ないメガネを提供しています。
 トレミー48 表参道店(Ptolemy 48) 出典:https://ptolemy48.jp/eyewear/model/PT-037/
出典:https://ptolemy48.jp/eyewear/model/PT-037/
ティアドロップ型のお洒落眼鏡サングラスです。テンプルに樹脂素材を使うことにより,軽量さとフレックスな掛け心地を実現しました。普遍的なスタンダートデザインの中に匠の技を取り入れました。レンズはガラスレンズを使用していますので視界が大変にクリアーです。
東京都港区南青山五丁目10-2 第2青山ハイツ
“モスコット”は、モスコット家が4世代に渡りニューヨークのロウワーマンハッタンで経営してきた老舗眼鏡専門店です。
創業当時から変わらぬ、顧客に対する真摯な姿勢を貫くモスコットは、誕生から100年以上たった今もなお、お洒落な大人から支持され続けています。
モスコット(MOSCOT) 出典:https://jp.moscot.com/products/lemtosh-sun?variant=32628616265790
出典:https://jp.moscot.com/products/lemtosh-sun?variant=32628616265790
モスコットの定番モデルLEMTOSHのサングラスバージョン、LEMTOSH SUN(レムトッシュ サン)。丁度良いボストンウェリントンのグッドサングラス。レンズにはミネラルレンズ採用(ガラス)。
東京都港区北青山二丁目12-34 MASUNAGA 1905ビル
青山キラー通りにあるおしゃれな外観のメガネ屋です。メガネにこだわった一つひとつの商品をじっくりとご覧になることができます。
MASUNAGA1905 青山店(マスナガ) 出典:https://www.masunaga1905.com/product/7561?id=7561
出典:https://www.masunaga1905.com/product/7561?id=7561
ガラス製、偏光レンズを装着した光輝サングラスライン。やや大きめサイズのボストン型デザインがとても魅力的。
東京都港区南青山五丁目16-2 ティスモタイキ南青山ビル
「着る眼鏡」をコンセプトに1972年にスタートしたオリジナル眼鏡ショップ。

コンセプトのように「アイウェア」という言葉が定着している現代で、「アイヴァン(EYEVAN7285)」は揺らぐことなく、高い技術と熱意を持って製品を提供しています。
世界トップクラスである福井県の鯖江市の熟練の職人によって丹精込めて、その製品は作られています。

アイヴァン(EYEVAN7285) 出典:https://eyevan7285.com/collection/model-177/
出典:https://eyevan7285.com/collection/model-177/
歴史に名を残す眼鏡メーカーが1940年代に発行したヴィンテージのカタログからサンプリングしたクラウンパントの玉型をチタンのシートメタルでモダンに表現した独創的なモデル。サングラスモデルはオリジナルのEYEVANカーブガラスレンズを装備。
東京都渋谷区神宮前六丁目18-2 東カングランドマンション原宿
G.B.Gafasは1960年代の欧米において、カウンターカルチャーから派生した若者達の幻想思想が文学、芸術、音楽、そしてファッションに与えた大きな影響にインスピレーションを得て、スラング的表現での「G.B(=グーフボール)」に言葉遊びとしてスペイン語で眼鏡を表す「Gafas」を組み合わせ、“中毒眼鏡”と名付けた事に由来しています。
その時代を反映するカルチャーをミックスしながら、新しい価値観を持ったアイウェアで退屈なマーケットを刺激する、それがG.B.Gafasのコンセプトです。
G.B.Gafas(ジービーファガス) 出典:https://decora-gbg-online.com/?pid=163515106
出典:https://decora-gbg-online.com/?pid=163515106
永らくアヤメの定番モデルとして人気を博していた「KORO」の後継として登場したモデルです。アヤメらしくトレンドを上手く取り入れ、「KORO」よりも更に厚さのある6mm生地を採用。レンズの外周部分にカットを入れる通称『テレビジョンカット』を施して、フレンチトラッド風の一本に仕上げています。

案内図