2022年9月、原宿に香港カフェJOY LUCK TEA HOUSE(ジョイラックティーハウス)の1号店が新規オープンしました。
こちらでは香港スイーツや飲み物を主にテイクアウトで販売していて、日本にいながら「香港エッグタルト」や「パイナップルパン」、「香港ミルクティー」といった香港カフェメニューを楽しむことができます。

新規オープン新規オープン

場所は東京メトロ明治神宮前駅から徒歩2分程の所。大通りから一本入ったキャットストリート付近の路地にあり、水色のタイルとレトロな扉が目印の、ひと際目を引く外観です。

「クラシック香港」をテーマにデザインされた店内はそれほど広さはないですが、ブルース・リーのポスターや香港の街の絵が飾られており、異国情緒漂うレトロな雰囲気がたっぷり!

絵の前で写真撮影すれば香港に旅した気分が味わえそうです。

新規オープン新規オープン

ショーケースには、店内で一つ一つ焼き上げられた出来立てのエッグタルトや、パイナップルパンが並びます。
テイクアウト用に一つ一つ包み紙で包んでくれるため、その場でさっと食べやすく、急いでいるときや小腹がすいた時などにちょうど良いスイーツグルメです。

 

「エッグタルト」

新規オープン新規オープン新規オープン新規オープン

香港スイーツの代表で人気No1の看板商品。バターの芳醇な香りとサクサクのタルト生地の中に柔らかい卵プリンが入っています。

出来立てがサクッ!トロっとしていておすすめですが、冷蔵庫で冷やしてもおいしく味わえます。

「抹茶エッグタルト」

新規オープン新規オープン新規オープン新規オープン

日本限定メニュー。

全体的に「和」を感じる見た目と風味で、甘すぎずなめらかな抹茶プリン味です。

コクとほのかな苦みがいいアクセントになっていて、「エッグタルト」とはまた違ったおいしさが味わえます。

「スパムサンドパイナップルパン」

新規オープン新規オープン

ほのかな甘さとふんわり軽い生地が特徴的なこちら、「パイナップルパン」ですがパイナップルは入っていません。

ふかふかのパンの上にクッキー生地をのせて焼いたもので、見た目がパイナップルのように見えることからその名がつけられたといわれています。

パンのほのかな甘さとスパムのしょっぱさが絶妙にマッチ!これひとつでボリュームがあるので、食事としても利用できそうです。

他にも何も挟まないスタンダードなものから、厚切りバターを挟んだメニューもあります。

「ユンエン」

新規オープン新規オープン
珈琲と紅茶とミルクを混ぜ合わせた香港発祥のお茶。

個性の強い2つのお茶を混ぜ合わせたこのユンエンは日本ではあまり馴染みがない飲み物ですが、香港では一般的で定番のメニューのひとつ。

甘みを加えて飲むのがおすすめだそうで、独特な風味がありますが、エッグタルトやパイナップルパンに非常によく合います。

新規オープン新規オープン

お店やスイーツ、飲み物から香港の雰囲気をたっぷり味わえる「JOY LUCK TEA HOUSE」。

ちょっと気分を変えたい時や、食べ歩きやお土産にもピッタリなお店なので、是非立ち寄ってみてくださいね。

新規オープン

案内図